鍛造と鋳造の違いについて

工場

先程鍛造の説明をしたので鋳造の説明を簡単にしていきたいと思います。鋳造は溶かした金属を型に流し込んだ後に冷やして固められているものを言います。
組織によって金属の強さは変わっていきます。鍛造のようにハンマーのようなもので、打撃をしたあと火がついている炉出熱処理をしてそれからまた、同じことを繰り返します。それをしていくことで金属はだんだんと強いものに変化していくのです。
今のことを詳しく説明すると打撃と熱の繰りかえすことによって金属に付いている結晶粒子をかなり細かいものにして金属の組織の結合をかなり強くしていき粘り強い材料につくっていくことが出来るのです。...

Read More

鍛造とは

部品

鍛冶というの言葉を聞いたことがあるでしょう。刀鍛冶は特に一番有名なもので、刀のもととなっている金属を火がついている炉で赤くなるまで加熱したものを刀鍛冶の人が大きなハンマーと似ているようなもので、叩きながら大きく伸ばして、丈夫な金属に鍛え上げるのです。
鍛造という漢字は鍛えて、造ると言う意味になっています。また、この言葉は武道などで修行を積むと言う意味を、鍛錬を積むという言葉に変えて表しているようです。

また鍛造にも型鍛造というものがあります。型鍛造というものは上記で説明しました。刀鍛冶がやっていた方法のことを実は自由鍛造法と言われています。...

Read More

鋳造用とダイカスト用など

ネジ

鋳造用はシェルフモールド、ロストワックスや重力鋳造などの各種の金型に分けられていて、アルミ合金などを材料としていて、主に工業用部品と建設機械部品と農業機械部品などを作るときに使用されています。
金型のダイカスト用は鋳造型と呼ばれるものと一緒で、ダイカスト用の材料としてはアルミ合金と亜鉛合金などで部品加工され、主に自動車と精密機械と家電などの部品をつくるために使用されています。
部品加工されている部品としては自転車のエンジンまわりや、カメラのボディなどのたくさんの物があります。

プラスチックようには、射出成形と圧縮成形と移送成形と吹込成形、真空下成形などのたくさんの金型に分けられていて、プラスチックの材料を部品加工して、お主に家電や自動車や雑貨類...

Read More