精密な部品

煙突

金型部品加工にはストレートタイプのもので段付きや角が付いているものや長さの指示がされているもの等がたくさんあります。
その中の種類にプレス用というものがありますプレス用は抜き型や、曲げ型、絞り型や圧縮型などに分けられていて、その材料になっている銅の板や鉄ではない非鉄金属などを加工して作られたものです。
主に、自動車や家電や雑貨などの多くの面から作られている部品の製造の為に利用されているのです。

金型の中にも鍛造用と言うものがあります。熱間鍛造や冷間鍛造などのたくさんの型に分けられていて棒網材や非鉄金属などを材料としていて、主に自動車の重要保安部品と建設部品などを製造するために使用されています。
加工され主な部品に自動車のクランクシャフトやオートバイ部品などのたくさんのものがあります。